Crime

文章つきの絵とめいぽのSS置き場

        
            

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

まめをほぐすことすらままならな い 

近況報告 |


イース進めなくては!

今日も私遅刻しそうだったのですよ
しかし運がいいのでね遅刻しないのですよ
バスターミナルなんでか通り抜けできなかったから
やばいやばいどこから隣の方行くんだろうとか思ってたのですが
勘で多分この北側?ターミナルをはじまでいけば
隣に行けるんじゃないか??
と思ったら行けて運良く
間に合いましたね
3分前とかにバス乗れたのかなあ
一時間にいっぽんしかないバスだからなあ
あやうく詰む所でしたよ?

今日も元気良く一駅分歩いて帰りましょう

今日の夢は今までにない夢でした
偶然にもパーティーのチケットを手に入れた俺たちは
何かの実験に参加するかわりに
料理を食べれるというパーティーにいたんだ
でもその料理少し変で、立ち食いパーティーみたいなんだが
みんな紙皿を持っていて
何故かうどんを乗っけて食べていたのだ
うどんを乗っけたのは会場のスタッフなんだけど
なんかそこで変だなあってひっかかって
その料理には私と夢の中の相棒は手を出さず、パーティの部屋にある扉から異世界に行ってました。

異世界は夜の村があたりいちめんに広がっているような場所でした
何故かwww受付口やらアンケートがあって答えさせられました。
あーそろそろ元いた世界に帰らなきゃなと思いパーティ会場に帰ると
雰囲気がおかしいのです
みんな上を向いて固まっています。足元にはピザが落ちていました。
みんな恐らくピザを一口食べて固まってしまったのです。
恐らく料理を食べれるかわりに行われる「実験」は
このピザを食べたら人はどうなるのか?という実験なんだと異世界から帰ってきたみんなは気づきました。
スタッフは異世界に行ってた僕らを見つけることが出来なかった?探しに来なかった?のか
パーティ会場と異世界が繋がってるのを知らなかったのかしらんけど、
僕らにはピザをよこさなかったので、僕らだけは正常でした。

そしてパーティ会場には最初よりたくさん人が増えてて、なおかつ私の家の近所??でやっていたので・・・
もしかしたらこの固まっている人達の中に知り合いがいるかもしれない!!
と思って急いで誰か知り合いがいるか探しました。
いました。妹とおかあです
妹はピザを食べてしまったので固まっています。
近くでよく見ると目をかっぴらいて口を開けて上を見ています。
目は・・・目は・・・黒目のところが脂肪を吸引したようなクリームと血の色を混ぜたような色で
非常に気持ち悪いものでした。
僕はそれを見てショックを受けているのに
おかあはにこにこしながら妹を見ています。
「なんで笑ってるの!!」
にこにこ
「だってこれおかあの娘じゃないか!!!!なんで笑ってるの!!何がおかしいの!!」
にこにこ
おかあはいつもと同じ笑顔でずっとにこにこしてへらへらしていました。
おかあはこちら側の人間ではない、我々の敵のようです・・・
そう悟った時、毎日妹に勉強を教えたり怒鳴ったりしていたのに、
あれは愛情じゃなかったのかあれはなんだったんだろうとショックを受けました。
この敵のおかあの姿が本当のおかあで、僕に優しくしてくれたのも、本当のおかあじゃなかったのかと思うと・・・
でも何も知らずに母に笑われている固まった妹を見てると
泣くわけにもいきません。
本当におかあは妹がこんな仮死状態なのに、まるでこの状態を望んでいたかのように喜んでいるのか確かめるために
また何度も目を覚ませ!!と怒鳴りちらします
でもおかあの様子は変わりません。

もうかける言葉も無くなりました。
こんなの狂ってるで・・・ともう説得するのに諦めようと思ったとき
さっき一緒に異世界に行った相棒が行くぞと後ろから僕の肩を叩いて掴んで
異世界にひきずりました。
相棒は異世界の受付人からさっき異世界に来た人達が書いたアンケートを貰い僕に渡しました
アンケートにはそれぞれ書いた本人の名前が書いてあります。
「覚えておくんだ。それはこれから一緒に戦う仲間だ。」
と相棒はいいました
えっ!!まさかこれあれ伏線だったのか!!!と感動しました
そのアンケート、まさかの、この異世界に入った人達をチーム分けするための適正診断のようなものだったのです。
結果の紙もあったので見ました。
僕は相棒と相性がピッタリでした。相棒は女の子で黒縁めがねで下に二つ結びの地味な感じな子です。
「あの狂った世界を変えるにはこの世界(異世界)から変えるしかないんだ」
相棒はすたすたと歩き少し遠くにあった家に入りました。
あまりに早く歩くもんだから僕は相棒と距離があります。
いいのかな家に入って・・・と家に入り、「あの・・・」
と僕が言ったところで夢終了(՞ټ՞☝☝

おかあが本当に怖かった・・・
目覚ましてもおかあに会おうか迷ったもの・・・
切り刻まれる・・・(՞ټ՞☝☝(՞ټ՞☝☝(՞ټ՞☝☝
19:50 |  trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。